引っ越しして住民票を動かすと、それに伴う手

引っ越しして住民票を動かすと、それに伴う手

引っ越しして住民票を動かすと、それに伴う手続きの中で大事なのが自動車など運転免許証の住所変更に行くことです。
運転免許証は幅広く使える写真付き身分証明書なので、一日でも早く、住所変更の申請に行くことをすすめます。

 

 

転入先から最寄りの警察署へ行き、運転免許証と一緒に新しい住民票の写し(本人だけの記載で良い。住所変更した後の健康保険証や公共料金領収書なども有効)を所定の窓口に提出し、届を書き、少し待っていれば手続きは完了です。

 

 

 

引っ越しもいろいろな方法がありますが、私の場合は家財道具のうち、大きいものの移動だけ業者に頼んで、運べるものはできるだけ自分たちでやりました。そうした荷物の移動を終えた後で、転入届を市役所で出してきました。どうしてもばたばたするものですが、何人もの方が協力してくださり、ずいぶん助けてもらいました。
両隣にも挨拶に伺いました。

 

 

一つ一つ荷物を開けはじめ、後片付けに取りかかりました。どこからどこに転居するとしても引っ越しの際にはダンボールを使うわけで、無料のダンボールを業者がサービスすることもありますが、有料だったり、数が少なかったりすることもあります。

 

上手く入手できなければ、スーパーなどに行けば、ダンボールは無料で分けてくれるものです。
当然ですが、サイズはいろいろあります。

 

荷物を詰めたダンボールを多数積み重ねて運ぶことになるので、同一サイズでない場合、積み重ねるとき配慮が必要です。マイホームに引っ越しした時には、隣家に挨拶しに行きました。ちょっとしたお菓子を買い求め、のしが無いままに渡しました。初体験だったので、少々緊張しましたが、マイホームというとこの先継続的に住み続けるところなので、お隣さんたちとは、友好的に気持ちのよい生活していきたいと思って挨拶に出向いたのです。引越し業者に申し込みました。
引越し業務に慣れた玄人に申しこんだ方が、確かだと思ったのです。
それなのに、家財に傷を付せられました。
こういうふうに傷がついたら、アフターケアはきちんとしてくれるのでしょうか。泣き寝入りしないで、きっちりと償ってもらおうと思います。今日においても、引っ越し時の挨拶は近所とのコミュニケーションを円滑に進めるという点から言っても大事なものです。

 

ここで悩むのが贈答品でしょう。
その中身はともかくとして、のし付けをどうするのが良いのかが困りますね。ですが、そこまで肩肘を張ってかしこまる必要もありませんから、外のしを使うのが一般的ですね。

 

表書きはご御挨拶で、下には自分の苗字を記名すれば良いでしょう。引越するとなると、電話の移転手続きも必要になります。
ただし、固定電話ではなく、携帯電話については、携帯ショップに直接手続きに行くか、ネット上で手続きするかだけで、工事などは発生しません。
最近の人の傾向としては、固定電話を契約しないケースが大多数です。引越しの前日にしなければいけないこととして忘れるとまずいのは、冷蔵庫にたまっている水を抜くことです。水抜きができない人は少なくとも冷蔵庫のコンセントを抜くべきです。

 

 

言うまでもなく、中のものは出してください。

 

 

それをやらないと、その日になって冷蔵庫が運べないことになるかもしれません。